2015年03月19日

5日目。ラフ人の村

601.jpg

アカの村を過ぎて、滝に行った。そこから、急な山道を歩いて、ラフの村に向かった。サイモンさんがふざけて山道を駆け上ると、Mも一緒に駆け上っていってしまった。よくそんな体力があるとあきれた。Mは受験勉強中も毎日2キロ泳いでいたのを思い出した。

602.jpg
ラフ人の村

603.JPG
この家に泊まった。

604.JPG
家畜や犬がいたるところにいた。

605.JPG
猫もいた。

606.JPG

607.JPG

611.JPG

子どもたちにタイ語で話しかけたが、通じなかった。

サイモンさんによると、この村ではタイ語は通じないので、サイモンさんもラフの言葉で話すと言う。しかし、この家の人たちと、サイモンさんの会話は、タイ語がずいぶん混じっているように、聞こえた。
(翌朝、Mと朝ごはんを食べているときに、家の女主人が、お土産用の民芸品を並べ始めた。私が、「いくらですか?」とタイ語で聞くと、「30バーツです。」とタイ語で返ってきた。実際は多少は通じるようだ。)

608.JPG

609.JPG

610.JPG

夜はサイモンさんが、いろんな話をしてくれた。しかし、タイ共産党やクンサーや国民党軍の話などが中心で、Mには良く分からなかったのではないかと思う。

サイモンさんが引き上げ、照明を落とすと、真っ暗で何も見えなくなった。疲れていたので、すぐに寝てしまった。

夜中、犬の鳴き声で目が覚めた。一匹の犬がどこかで吼えると、それに呼応して村中の犬が吼えあった。それが一しきり終わると、こんどはどこかで鶏が鳴き、村中の鶏が鳴きはじめた。そしてまた犬がどこかで吼えはじめた。それを聞きながら、隣の蚊帳のMは眠っているのだろうか、と思った。真っ暗で何も見えなかった。私は色んなことをくよくよ考えて、なかなか眠れなかった。

posted by やなぎす at 14:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: